• 山原香央理

歩道


この歩道にいつも気持ちを奪われます。

夕方、雪が積もり始めると、電灯のオレンジの灯りと、真っ白な雪が、緩やかに歩道を埋め尽くして行くような、そんな気配。

この先に、JRの走る線路と歩道のトンネルとが交差していて、そのトンネルを歩く時、いつも何故か嬉しい気持ちになるんです。

今日は特に雪でしたので、しんしんと降り積もる雪に、とてもロマンチックな気持ちを託すような、そんな気持ちでトンネルを歩きました。

トンネルを抜けると、今日はまさに小説の有名な一節のように雪国でしたが。

キラキラ輝く雪が、なんだか励ましてくれるようにさえ、思いました。

滅多にない光景に、思わず写真に残しておきたいという気持ちがはしりました。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

愛嬌

あっ

© pianomomentsound.com