• 山原香央理

お願いごと

今日は十五夜だそうです。

昨日、そういえば、朧月夜のJazz ver。弾いてたっけ。

たけいみき様のイラストお借りいたしております。

夢の広がるピアノですよね~

プレゼントです。魔法のノート。

昨日だったか、「弾く」ということについて、これからはじまろうとする演奏について、

思いを書かせていただく機会に恵まれまして、ちょっと私なりに書いてみました。

14歳の時、「ピアノと友達になりたいな」と感じて、はや30年以上の年月が経ちました。

今まで、本当に沢山の方に支ええられ、沢山の方と励まし合い、沢山の方と手を取り合い、

沢山の方と笑顔を交わし、沢山の方と感動を分け合って来ました。

私が今でも思い出すのは、恩師、本山秀毅先生との大阪フェスティバルホールでの伴奏デビューでの

パンフレットに残した言葉です。

その時の言葉、今になって、まさかこんなところにまで私を導いて くれるとは思っていませんでしたが、

私達を取り巻く「愛」が、そうやって、人と人とを繋いでくれたとしたら、

私は、その事に報いなければならないなと思いました。

「弾く」という行為が、どれだけ人に影響を及ぼすものであるか、その責任とそこに含まれる感情の重圧に

自分が果たして立ち向かっていけるのかどうか。

そんな中、たったひとり、たったひとつの光が、いつも私を照らしてくれる。

その光に感謝して、コンサートを迎えたいと思います。

2017年 吉日

皆さんの願いが、叶いますように。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

愛嬌

あっ