• 山原香央理

認識


椅子に座って話する時って、あらかじめ用意しておいた話をすることは少ない気がする。

自分の持ち合わせた知識・情報・経験値から感じた事、そこから『会話』をしている人が沢山。

ふたつある椅子のうち、ひとつに自分、そして、もうひとつに相手、その相手は、自分を引き出してくれる人の時もあれば、自分が引き出す時もあって、その中でお互いが同じように感じている時、共通点を感じる。

以前、「好き」という特別な感情 というタイトルでブログを出させていただいた事があった。

自分で後で読むと、日常の私からは考えられないような言葉の楽しさに時めく。

私を合唱伴奏の世界に引っ張ってくださった本山秀毅先生が、22歳の頃、フェスティバルホールの本番のための練習に、フィギアスケートで有名な大学へピアノを弾かせていただきに伺っていたとき、「〇○←旧姓、なんでもいい、絶対続けろ、どんな所でもどんな時でも絶対続けることが大事やで」

そうおっしゃてた。

そしてあれからうん十年経った今も、続けている。奇跡だろう。

諦めようとか諦めないとか自分で認識する事もそうなかった。

人のためだとそういう気持ちが起きるくせに。

自分の事は、愛されていることがわかっている事で十分なのに。これ以上、贅沢なんじゃないかと思う時がほとんど。

しかし、時に、「愛」とは、大変なものだ。

愛から褒めてもらおう、ある程度の点数をもらおうとするなら、かなりの努力と忍耐力と強い精神力が必要で、ひとつの仕事を終えたらほとほと疲れる…(笑)

私は、いつこの世を去ってもいいと思って20代を過ごしてきた人間だけど、

その感情はどこから来たのか。

自分が産まれた事で、申し訳なさでいっぱいになる事が多かったからか。

だからと言って、イジメにあったということもなく(転校生を何度も経験したので、言葉の壁はあったと思う)いつも誰かが声をかけてくれて、ひとりでいたとして、泣いていたとしても、実際にはいろんな人の優しさを感じていた。

いつも聞こえる

「そばにいて、何もしてあげることが出来なくて」って。

そんな事相手に言わす自分は最低だと思う。

それでも生きられるんだなと、今日も感謝する。

いつも椅子に座れる場所を作ってくれて、

アリガトウ。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

愛嬌

あっ