• Kaori

「人として」を考える人


人間の「ありがとう」標準持続時間は20分だそうです。

なるほどな  と思いました。

人とは自分勝手な生き物です。

今朝、ある番組を見ていて、とても印象に残ったお話がありました。

ある「作品」があって、その作品の中でも、良い作品であっても興行成績が伸びないものもある。でも、その興行成績が伸びなかった作品があったから、今の自分がある。

と。

今の自分を作ってくれた、出会いや作品。そのもののために居ても立ってもいられなくなる。

自分が夢に向かっている時、衝動的にもよく起こる感情ではあります。

でも、誰かのために、居ても立っても居られなくなって、その大切なものに向かってアクションを起こせる人は100%ではないと思います。

とはいえ、アクションを起こしてみたいなという気持ちから、徐々に動いていけるようになる事もあるでしょう。

アクションを起こしていく中で最近感じたのは、

「良い」という事は、良すぎるから、人の心を動かす。

でも、切なさといつも背中合わせになる事が多いです。

そこには多分「愛」が含まれていて、人として濃厚な部分でもあると思います。

でも、そこばかりではなく、出会いの中で、見極めが出来る、その見極めを通せる環境を守ることから、アクションを起こす。

つまり「運」を掴むような感覚で。

私の生きて来た中で、「愛してる」をよく使っていた時期がありました。

実は、その時期は、自分で自分を見てみると、ほんとうに苦しい時期でした。

生きて行くことに辛さばかりが際立っていた時期。「愛してる」を言えた自分が

自分で励まされていたと思います。

その唱え言葉のようだった「愛してる」が、実は、やっぱり愛だったりする。

自分では辛かった時期なのにな、ってその言葉の意味の深さに驚きを隠せません。

段階の中で、掴みたいものを掴んで行く。

それが

人として

自分を含めて

「愛してる」

から動かしていく。

いい子ぶっているのではなく

辛い時こそ

やはり「愛してる」の魔法で

動かしていけば

沢山の幸せを感じるのかも。

しれません。

沢山の「愛してる」に

ありがとう。

20分だけの人のありがとうを音楽にのせて永遠に人の心にとどめて置けるような。

そんな『ありがとう』を。

貴方に。。

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

愛嬌

あっ

© pianomomentsound.com