• KaoriYamahara

わたしの出会い

今年一年も、皆様に本当にお世話になりました。

眠れない夜も、泣きじゃくった朝も笑←ウソ。。

いつも側にいてくれた沢山の「気持ち」に心より感謝をささげます。

ここ15年ほど思っていた気持ちをなかなか言っちゃダメだと思って、

自分では解禁していました。いや、封印していました。

けど、ほぼほぼ毎日捨てきれなくて、

それも、ネタがネタゆえに、どうしたものか。

私の人生の中で、音楽をやることはさほど大きな決断ではなく、そこは

流れに任せていたので、逆に今でも続けることが出来たのかもしれません。

私の中で、一番大きな決断は、今までで二つ。

一つは、「男の子になること」いや、私はれっきとした女性ですが、、

これには理由があるんです。

「男性」ではなく、「男の子」です。

ある人を、本当に幸せにしてあげたくて、その人のために男の子になりきろうと決断しました。

その気持ちが強すぎて、私はきっと沢山のステキな男性に出会えました。

男性の気持ちって「してあげたい」この「あげたい」が男性の気持ちだと思うんです。

女性の気持ちは、本来は「してもらいたい」

ただ、世の中の流れもふまえると、ユニセックスなほうがイジメにも合わなくてすむとか

防御する対策として女性の中でも男性的に、いわゆる宝塚的にふるまう「男前」の女の子が増えている現状もあります。

決断の話でしたね。

もうひとつの決断は、

「愛」です。

いつもつきまとわれて、本当に本当に苦労しているものです(笑)

だからこそ、「愛」を愛してあげたいと思いました。

そこからすべてがうまれると言い切った世界的に有名な人が、

『犠牲』の中から見つけたもの。

それが「愛」だったけど、

犠牲を無にしないように犠牲を払ったんだから、

私はそれに感謝をすることで恩返しをしたいと思いました。

ある私の実体験を通して、「感謝」=「行動」になって

それを今までゆるされてきたのだから、ゆるされる範囲でゆるされる限り

実行して行くことが私の「愛」への「恩返し」。

そうやって、ゆるされてきた私が、本当にごくごくどうでもいい人でいて

恩返し出来るうちは、どうにでも使ってもらったらいいんだから、

そこから私は実は野望を持っています。

すごい野望です。

びっくりするような。

でも、それも、ゆるされるのなら、あえて持ち続けようと思います。

小学校6年生の時に、卒業記念に校長先生に書いていただいた色紙の

「感謝」の2文字を胸に。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

愛嬌

あっ