• KaoriYamahara

今日も、このページへお越しくださり有難うございます。

元号が変わりますね。

私達は、社会をはかる目安として、何かを基準にして生きています。

新しい元号が、注目を集める事も間違いないですね。

その動きに伴ってか、整った自分の目標

それも、人生の「続き」という「生き甲斐」が舞い込んで来ました。

もう二度とないだろうと思っているごくごく普通の感情と、

何かに突き動かされるような諦めきれない感情、

その両極端な感情の中での15年間。

15年間そういったものから離れて生きてきて、多くの事を学びました。

整える作業の中に、人としての葛藤があり、葛藤の中から生まれる様々な感情があり、感情に従って選択があり、選択の種類によって人生があるのでしょう。

今日まで諦めないでいてくれた「出会いの中の会話」に、心からの感謝を捧げます。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

愛嬌

あっ