© pianomomentsound.com

August 21, 2019

August 17, 2019

May 24, 2019

May 19, 2019

May 11, 2019

May 7, 2019

May 6, 2019

May 4, 2019

Please reload

最新記事

2017 コンサート全終了

December 17, 2017

1/1
Please reload

特集記事

ストレスフリー

June 1, 2019

この本をいつ購入したかな、っとAmazon検索してみたら、なんと!2016年8月。

 

もう3年も経ったのか。

 

たまにこういうコンサル本を読んでいます。

 

中学時代は、漫画と詩集。 

 

高校時代は、雑誌。

 

大学時代は、海外生活に必要な知識本。ファッション雑誌。

 

社会人になって、やっと文学本。

 

読書感想文の時だけ文学全集な本を読んでいました。w

 

「さぁ、もう始めなきゃ!」

 

その掛け声と共に読む本は、だいたいこういう類の本が多いです。

 

確か、大学時代、ある方が「人間は幸せになるために生きている」と

 

お説教したのが、ずっと引っかかっていました。

 

「人って、、幸せになるために生きてるんだ」

 

半ば、言いきかせ気味にそう思うようにしていた時期がありました。

 

「幸せっていうのは、感じるものだから」

 

次にその段階の言葉が気になっていました。

 

人によって「あぁなんて幸せなんだ」と感じることってどうなんだろう。

 

幸せってストレスのない状態な気がします。

 

ストレスのない状態はとても大切なものだけど、

 

私が幸せと感じる時は、きっと自分が一番最悪で、一番うまく行ってなくて、一番何も見えて

 

なくて、ただただもがいている自分を

 

励ましてくれる人の存在が「幸せ」の二文字。

 

それも、励ましてくれてる以上の気持ちのベクトルでないとダメ(笑)

 

励ますっていうのって、相手に「私はあなたを励ましてるよ」ってわかった時点で

 

最悪の感情に変化するナイーブさを伴う感情な気がして。。

 

 

だから「幸せ」って「成功」から一番遠くにあるものなんだけど、

 

「成功」って、「幸せ」を通過しないと出来ないものだから、

 

「幸せ」まで行ったらそこは生き甲斐の領域には入ってる。

 

受け入れる大変さがわかると「幸せ」がやってきて、

 

享受からすべてが始まって行く。

 

そんな毎日。

 

でも、必ず「成功」を手に入れるために。

 

いつか幸せを超えられるように。

 

はじまってく🌱🌱

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload